« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月21日 (木)

インド帰国・・・その後

相変わらず、写真撮れてません。

でも、すっかりいつもの日常に戻りました。

毎日時が過ぎるのが早く感じます。

インドから戻って、もう1週間以上も過ぎたなんて・・・

久しぶりにインコの飼育本を読み返しました。

時たま復習がてら読んでるのですが、

あるページで目が止まりました。

インコちゃんはとても愛情深く、懐きやすい反面、

飼い主さえも気付かないようなことで嫌われることもあると・・・。

それは、忙しくてかまう時間が減ったとか、数日家を空けたとか・・・

そう、私は2週間も黄菜しろのもとから離れていました。

忘れられるかも・・・というのは覚悟してました。

でも、忘れられるどころか、すぐに飛びついてきてくれた黄菜。

姉の指に噛みついていたにも関わらず、手を出すと乗ってきてくれたしろ。

ふたりとも、離れていた時間が嘘のように以前のままでした。

黄菜に関しては、やっぱり寂しかったよ~っていう甘えが強く、

べったべたにくっついてましたけど(笑)

でも、忘れられるよりも嫌われるのは辛い!!

嫌われなくて良かった~っと、胸をなでおろしたのは言うまでもありません。

インドではほとんど体調をくずすこともなく、元気に満喫してきたのに、

ここんところちょっと疲れがでてきたのか、体調不良が続いてます。

でも、黄菜しろとの時間だけはやっぱり幸せを感じる今日この頃。

黄菜のヤキモチは相変わらず健在ですが、

しろも黄菜の様子を伺いつつ、私の手~肩を行ったり来たりして遊ぶことが多くなりました。

本当にいい子たち。

黄菜しろ、これからも仲良くやっていこうね。

| | コメント (4)

2008年2月11日 (月)

ただいま☆

みなさま、お久しぶりです!!

昨日、日本に戻ってまいりました☆

2週間のインド旅行、

黄菜しろと離れるにはとても長く感じていましたが、

意外にもしっかりと満喫してる自分がいました。

夜寝る前に黄菜しろの写真を見ることはありましたが、

寂しくて寂しくて仕方がない・・・というようなことはありませんでした。

やっぱりなんだかんだ言っても、姉が見ていてくれるという安心感もありましたし、

そうしなければ、どちらにとっても後悔の残る旅になってしまうので

行くからにはしっかりと勉強してこなければ・・・という思いが勝ったみたいです。

夜に帰ってきたので黄菜しろはすっかり就寝中で、

2週間ぶりの再会は今朝となりました。

忘れられていたらどうしよう・・・なんて不安はすぐに払しょくされました。

私はさすがに長時間の飛行機に身体が疲れていて、すぐには起きれなかったのですが、

姉が放鳥をしてくれていたら、寝ている私の所に黄菜が飛んできてくれました。

すぐに手や顔に乗って、はしゃいでいる子供のようでした。

なんて愛おしい子だろう・・・

改めてその愛おしさをしみじみ感じ、自分がいかに幸せに包まれているかを実感しました。

放鳥後ケージに戻すとき、しろは珍しく嫌がって姉の指をカジカジって抵抗をしていたのですが、

やっとのこと布団から身体を起こして起きてきた私が「しろ~」って手を出すと、

すっと乗ってきてくれました。

「ただいま」の挨拶をしてからケージに戻し、

身支度や食事を済ませ、しばらくしてから、

再度しっかりと触れ合おうと、特別お昼にも放鳥。

しろは相変わらずあまり外では遊んでいないようで、

すぐには出てきませんでしたが、手で青菜やシードをあげると喜んで食べていました。

しばらくして出てきましたが、黄菜がどうも興奮しているみたいで、

しろへの追い回しや体当たりが多く、しろがボテボテッと落ちてしまうので、

しろは急きょお家の中へ避難させ、

黄菜の興奮を落ち着かせるためにしばらく手の上でまったりさせていました。

羽づくろいをしたりして落ち着いたら、大人しくケージの中へ戻っていきました。

久しぶりに会ったのに、前のように指でくちばしの周りをカキカキっとしてあげると

尾っぽを上げて反応してしまい、やっぱり忘れてないんだな・・・と改めて実感!

もちろんすぐに気を逸らせましたけど!

心配していた姉も、任されたことですっかり黄菜しろへの愛情が深まったらしく、

健康日誌まで付けてくれてました。

今回の旅行は家族や彼、友達、我慢してくれた黄菜しろ、

多くの方の支援によって実現しました。

またたくさんの素晴らしい経験と学びがありました。

今の自分がどれだけ恵まれているのかを改めて実感することもできました。

これからもその思いを大切に、感謝を持って精進していきたいと思います。

ありがとう!!

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »